ホーム  »» 各登録制度 »» 防犯モデル共同住宅登録制度のメリット

沖縄県防犯モデル共同住宅登録制度のメリット

  • 防犯モデル共同住宅登録制度のメリット
    • 共同住宅の防犯性について、1級建築士、防犯設備士等で構成する沖縄県防犯共同住宅審査委員会で審査するので防犯性能について、第三者機関の評価が受けられる。
    • 共同住宅の入居者においては、防犯性能が明確になり、セキュリティ面で安心感がある。
    • 住宅融資の金利優遇が受けられる。
    • 新築マンション、賃貸アパート等の防犯設備について、事前の広報・販売等に活用できる。

沖縄県防犯モデル共同住宅登録制度と住宅性能表示制度

住宅性能表示制度における10番目の性能表示事項(H18,4,1以降に申請が行われる住宅に適用)として、「防犯に関すること」(開口部の進入防止対策)を追加する等の制度改正が行われたが、沖縄県防犯モデル共同住宅登録制度は、開口部の進入防止対策だけではなく、犯罪を防ぐ基本的な要素である監視性の観点から犯罪者が侵入しにくい設備基準を満たしている場合に登録するもので、防犯に関して、住宅性能表示制度を充実強化するものである。